カテゴリ:No music ,No life.( 34 )

リスト:パガニーニの主題による変奏曲

・・・だっけ?
正式なタイトルはよくわかりません.
けして手の小さな私ではございませんが,
リストは無理だー.
余談ですが,ブダペストは美しい良い町です.また行きたいね.
[PR]
by lyra_hrs | 2006-04-25 20:50 | No music ,No life.

Kodály Zoltán:ハーリーヤーノシュ組曲&ハンガリー民謡「くじゃく」の主題による変奏曲

吹奏楽関係者の皆さんには説明不要,
オケ関係者の皆さんにはあまり知られていない(と思われる)
ハンガリーの作曲家,コダーイのオケ曲であります.
「コダーイメソッド」といわれる音楽教育の祖であり
バルトークの先生だったこともあり,
故郷での知名度は抜群と思われます.

あいのりがハンガリー編に突入したからというわけではけしてないのですが,
自分の中でハンガリーブーム到来.
毎日聴いております.

なんかさー,この何ともいえない西欧音楽っぽくない雰囲気が好き.
垢抜けてないつうか泥臭いっつうか…
(↑勿論褒めているのですよ)
フランスやドイツの作曲家には絶対に書けないメロディって感じがします.

どことなく東(東欧よりももっと東)の雰囲気が漂っていて
これを聴けばマジャル人はウラル山脈の向こうから来たという説も
なるほど一理あると思ってしまいますな.
[PR]
by lyra_hrs | 2006-02-01 22:13 | No music ,No life.

今年初の書き込みです

遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします.

今日は帰国後初のピアノのレッスンに行ってまいりました.
まともなピアノに触るのは実に4ヶ月ぶりくらいかも・・・・
当然指が退化して全く動かず.
まるでマラドーナコンクール後ののだめのように
自分の指でありながら自分の指でない動きでした.

音楽の都ウィーンに行ったおかげで
音楽から離れてしまったというのも
なんとも皮肉な話ですねえ.
(ウィーンが目的ではありませんでしたが)

リハビリにしばらくかかりそうです.しょぼん.

そういえば,ウィーンから帰りの飛行機で
一緒だった音大生の女の子は元気かなあ.
[PR]
by lyra_hrs | 2006-01-12 16:52 | No music ,No life.

12月1日は統一記念日で祝日らしい

そうとは知らない私は明日明後日とわざわざ平日に学校サボって
ハンガリー旅行に出かけちまいますよ.
誰か教えてくれれば,祝日に重なるように日程組んだのに…

さて,以前この日記で触れた日本マニアの学生と国際交流コンサート?
という話ですが…

彼はあれっきり連絡もよこさず,
1度たまたまキャンパス内で出会ったときも
そんな話をしなかったので,
やっぱそんなもんだよね~と思い,
私も大学のピアノを1度は借りに行ったけど,
あまりにひどいピアノだったもんで
(調律してない,鍵盤上がらない,下がらない等)
それっきり忘れかけていたわけです.

そしたら急に彼が現れた!
なんか,私の知らないうちに水面下では
話はどんどん現実化していたらしい.

おいおいおい.私ゃ,もう3ヶ月もまともに練習してないんだよ.
急に弾けって言われてもレパートリーないっつうの!!
しかも私がブカレストを発つのは8日.
あと1週間半しかないんだよ!

やべー.
寝台列車の中でイメトレだなこりゃ…
[PR]
by lyra_hrs | 2005-11-28 22:41 | No music ,No life.

ルーマニアでオケを聴く!

a0010984_17233735.jpg
というわけで,ルーマニア最高峰のオーケストラ,
ジョルジュ・エネスク交響楽団の演奏を
その,ホームグラウンド,アテネ音楽堂で聴いてきました.
(しかもタダで)
いやー,はっきり言って今までで一番ヨーロッパらしい経験だったかもしれませんw

アテネ音楽堂は今までお金を払って見てきた
数々の名所と比べてもトップクラスの素晴らしい意匠の建築でしたよ.
もう,この建物でオケが聴けた!
ってだけで相当満足です.

ちなみにこの日のプログラムは
・ベートーベン:ピアノ協奏曲第5番『皇帝』
・ドビュッシー:曲名忘れた,てか邦題がわからん.
・ドビュッシー:管弦楽のための映像より『イベリア』

ピアノは勿論STEINWAY & SONSですよ!
私は生涯でたった一度だけSTEINWAY & SONSのピアノを弾いたことがありますが,
倍音の響きが本当に素晴らしいです.もー,まさに憧れのピアノなのですよ.
(ちなみに結構この交響楽団及びアテネ音楽堂には
日本のODAがぎ込まれているらしい.もしやこのピアノ,日本の金で買ったか?)

ところでこのオケの名前にもなっている,
ルーマニア人が世界に誇る音楽家,
ジョルジュ・エネスクの作品を私はまだ聞いたことがございません.
CD買って帰るかな.
[PR]
by lyra_hrs | 2005-11-18 17:13 | No music ,No life.

マネレ音楽ってやつ

今日の日記はカテゴリ分けを非常に迷ったのですが,
一応ルーマニアの?音楽話.

恐らくルーマニアだけのものでは無いですが,
マネレ音楽というものがあります.
それが何かと聞かれれば非常~に難しいですが,
要はジプシー(ロマ)ポップス?

ものすごーく独特な音楽で,ものすごーく耳に残ります.
今まで聞いたどのジャンルとも違うリズム,メロディ,ハーモニー.
私は結構面白いと思う.

これのCDをお土産に買おうと思っていたのですが,
先日,ひょんなことから手に入れました.
今聴いております.

でも,恐らく,ルーマニア国内ではこの音楽の愛好家というと
ちょっと白い目で見られてしまうんじゃないのかな?
ロマの人々はこっちでは差別対象だからねえ.

でも,音楽は国境を越える!
面白いよ,マネレ.
[PR]
by lyra_hrs | 2005-11-15 16:05 | No music ,No life.

KEMURI:P.M.A.

えー,今日はルーマニア全く関係ない話.
今聴いてる音楽のことです.
最近自分の中での大ヒット曲.
KEMURIを知ってる人には説明不要.
彼らの哲学,Positive Mental Attitude(肯定的精神姿勢)のテーマ.
KEMURIこれしか聴いてないんですけどね.
(あと,Ato-Ichinenも好きです.泣けるよ,あの歌詞は)

こんなにお気楽極楽人生を歩む私ですが,
たまにはルーマニアの空の下で不安で泣きたくなるようなこともあるんですよ.
ううぅ.

そんな時はこの曲ですな!!
問答無用で元気が出ます.
[PR]
by lyra_hrs | 2005-10-27 16:38 | No music ,No life.

m-flo:BEAT SPACE NINE

師匠に借りた,研究の合間に聴くCDを紹介するコーナー第2弾.
(第1弾はケツノポリス4でした)
m-floって聴くの,come again以来何年ぶりでしょう…
今はcome againのボーカルの女の人はいないんだよね,確か…
基本的に歌詞が邪魔な感じがして,
日ごろインストゥルメンタル中心に聴いてる
私ではありますが,
R&Bとか,外国語の歌にさほど違和感を覚えないのは
やっぱり言葉がわかんないからかな.
多分これらの歌を聴くときは言葉を右脳で聴いてるんでしょう.

ちなみに最初聴いたとき1番気に入ったのは
15曲目の”TRIPOD BABY”だったけど,この曲は
ボーカルが上記の女の人なんですな.なんとなく納得.
勿論ボーカルもいいのですが,この曲はカッティングが印象的.
リズム・ギターがかっこいい曲は(自分の中では)名曲度高し.

・・・今聴いてるけど"Loop In My Heart"のギターもいいなあ.
(↑単なるカッティング好き)
[PR]
by lyra_hrs | 2005-09-02 14:25 | No music ,No life.

HOROVITZ IN CONCERTより:L' Isle joyeuse


以前もここに書いたように,現在ドビュッシーの「喜びの島」を練習中なのだが,
どうにもつかみどころがないので先生に薦められたホロヴィッツのCDを買ってみた.
1966年のカーネギーホールコンサートの録音.

…確かにうまい.
いや,プロにうまいとかいうのは失礼ですが,
最初に聴いてたCDとは全然違う.
ペダルのつけ方が素晴らしい.
(最初に聴いたCDは誰が弾いてたのか知らないけど
明らかにペダル踏み過ぎだった)
アーティキュレーションのつけ方とか,
ところどころ私とは考え方が違うところがあったけど,
全体的にはこのCDを聴いてようやくイメージが固まった気がする.

つうわけで練習.目標は
「マラドーナ・ピアノコンクールで喜びの島を弾くのだめ」
[PR]
by lyra_hrs | 2005-08-26 11:13 | No music ,No life.

ケツメイシ:ケツノポリス4

おお!!珍しく流行りもの系J-POPだ!!
助手に借りました.
結構聞いたことある曲が多いね,ケツメイシ.
お気に入りはやっぱり「さくら」ですか.
よく聴くと琴の音を使ったりしてるのがよい.
[PR]
by lyra_hrs | 2005-08-02 17:41 | No music ,No life.